中学受験と比について

中学受験の算数には、比を使って解答する問題が出題されています。
単純にいくつかの数字についてその割合を求めるものから、規則性を導き出していくものまで応用範囲が広い項目のひとつです。
それだけに、最初の取っ掛かりでつまづくと、なかなか先へ進めなくなりますので、しっかりと基礎問題を繰り返しおこなうことが大切です。
比は日常生活においてもいろいろなところで活用されています。
中学受験に臨むものの教科書の問題ではなかなか興味がわかないという生徒たちには、実演して示してあげることです。
例えば、料理の調味料のさじ加減です。入れ方によってこれだけの味の違いがででくることに気付いてもらいます。
最もおいしい分量をつきとめたくなるものです。
絵の具の混ぜ具合によって微妙に変化していく色は、最もわかりやすい実演です。
ものを分かち合ったりするときには、お互いをいたわる心さえも芽生えさせます。
生活に役立つ算数が、比の中には数多く存在しています。そのことを踏まえて中学受験の問題に臨みますと、まさに味のある勉強になります。
中学受験のための夏期講習の情報はここがわかりやすかったです。